ニキビケア コスメ

ニキビが出来る原因は?

ニキビ 原因 画像ニキビは見た目や症状が同じでも、思春期に出来るものと

大人になってからできるものとでは原因が異なってきます。

 

その為、思春期の頃に行ってた対策を行っても
大人ニキビが中々治らないということもあります。

 

正しいニキビケアを行う為に、まずは思春期ニキビと
大人ニキビのそれぞれの原因を知るのが大切です。

 

 

思春期ニキビ

ニキビ 原因 画像

 

主に皮脂の過剰分泌が原因で毛穴が詰まって出来るニキビです。

 

 

思春期、13歳頃から18歳頃までの第二次成長期が関係しています。

 

この時期は男性ホルモンの働きが活発になります。
男性ホルモンには皮脂の分泌量を促す働きがあります。

 

皮脂が多くても毛穴に溜まらなければニキビにはなりません。

 

しかし思春期は毛穴が硬く閉じていることも多く、
過剰な皮脂の排出が追い付かないこともあります。

 

そうすると余分な皮脂と古い角質などの汚れが毛穴に作り、
ニキビの初期段階を形成してしまいます。

 

ニキビ 原因 画像

 

詰まった毛穴の中ではさらに皮脂が溜まり、
ニキビの原因菌として知られるアクネ菌などが増えてしまうと、
そこで炎症を起こして赤ニキビになってしまいます。

 

 

思春期ニキビはホルモンバランスが原因にある為、
思春期を過ぎてホルモンバランスが整ってくることで
皮脂の過剰分泌が落ち着きニキビは自然と治っていきます。

 

 

ですが、必ずしもそれだけが原因ではありません。

 

思春期のホルモンバランスの乱れ以外でもニキビは出来るので、
大人ニキビの原因とされていることが原因になることもあります。

 

 

思春期ニキビが出来やすい場所

 

思春期ニキビの原因は過剰な皮脂の分泌と考えられているので、
顔の中でも皮脂の分泌が多いTゾーン(おでこ、鼻、あご)
出来やすいとされています。

 

 

大人ニキビ

 

思春期を過ぎるとニキビは落ち着くといったものの、
思春期を過ぎてから出来る大人ニキビに悩む人も少なくないですよね。

 

この大人ニキビは、思春期ニキビに比べると
様々な要因が重なって出来ていると考えられます。

 

大人ニキビの原因として、以下のようなものがあります。

 

 

ターンオーバーの乱れ

ニキビ 原因 画像

 

肌の代謝が乱れることで古い角質が肌の帳面に留まり、
毛穴を詰まりやすくしてしまいます。

 

毛穴が詰まることでニキビを作りやすくしてしまいます。

 

ターンオーバーは加齢やストレス、喫煙、偏った食生活、
睡眠不足など様々なことが原因となり得ます。

 

 

肌の乾燥

ニキビ 原因 画像

 

肌が乾燥すると角質が堅くなる原因になります。

 

毛穴を塞ぐ角質が堅くなることで、ニキビが悪化しやすくなります。

 

ここで詰まった毛穴でアクネ菌が増え、炎症を引き起こします。

 

 

またニキビを治そうと、皮脂を必要以上に落としてしまうと
余計に肌が乾燥してニキビを悪化させてしまうことがあります。

 

皮脂を必要以上に奪うと却って皮脂が分泌されてしまうので、
その点も注意が必要です。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

思春期ニキビ同様、ホルモンバランスの乱れも原因の一つです。

 

生理前などホルモンバランスが乱れる時期に
あごなどのフェイスラインに出来やすいとされています。

 

 

飲酒や喫煙

ニキビ 原因 画像

 

飲酒や喫煙はビタミンB群やビタミンCといった、
肌を綺麗に保つ上で欠かせない栄養素を大量に消費します。

 

その為、肌に回るビタミンが足りなくなり肌が荒れやすくなり、
ニキビが出来やすい状態になると考えられています。

 

 

胃腸の不調

 

胃腸の調子が悪くなると、おでこや口の周りのニキビが
出来やすいとされます。

 

理由は胃腸の働きの低下によって代謝が悪くなることや、
栄養の消化吸収が悪くなることが影響しているとされています。

 

 

大人ニキビが出来やすい場所

 

大人ニキビはあごや口周りなどのフェイスラインや、
乾燥しやすい頬に出来やすいという特徴があります。

 

思春期ニキビが皮脂の分泌が多い場所に出来やすいのに対し、
大人ニキビはそれ以外のところでも出来ます。