ニキビケア コスメ

ニキビにはどんな種類がある?

ニキビ 種類 画像ニキビと一口に言っても、その症状は色々あります。

その症状によっていくつかの種類に分けられています。

 

症状が異なれば、ニキビに対しての対処法も変わってきます。

 

ニキビを治す為には、まずどのような状態か知る必要があります。

 

ニキビは症状の進行度合いによって分けられているので、
段階を追ってどのように分けられているのか見ていきましょう。

 

 

炎症のないニキビ

 

初期ニキビ

 

毛穴が収縮してしまい皮脂が詰まり始めた初期段階です。

 

古い角質と皮脂が混ざり角栓が形成されて、
毛穴を塞いで皮脂が溜まりやすくなっています。

 

この角栓はコメドとも呼ばれています。

 

 

この段階では肉眼ではまず確認出来ません。

 

ニキビ予備軍ともいえる状態ですね。

 

 

白ニキビ

ニキビ 種類 画像

 

毛穴を塞ぐ角栓の下では、皮脂が徐々に溜まっていきます。

 

溜まった皮脂によって皮膚が盛り上がっている
面ぽうと呼ばれる状態です。

 

白くぽつぽつとした状態のニキビはこの状態です。

 

 

この段階ではまだ炎症を起こしてはいませんが、
内部ではアクネ菌などが増殖し始めています。

 

ここからアクネ菌増殖が進み炎症を起こすと赤ニキビへ悪化します。

 

白ニキビは早めに対策して痕に残るのを防ぎたい初期段階です。

 

 

黒ニキビ

ニキビ 種類 画像

 

白ニキビの状態から詰まった皮脂が毛穴を押し広げることで、
皮脂が顔を覗かせ空気と触れることで酸化して黒くなります。

 

この酸化した皮脂によって黒く見える状態が黒ニキビです。

 

黒コメドとも呼ばれます。

 

皮脂の分泌の多い鼻に出来やすいニキビです。

 

 

白ニキビ同様、炎症を伴わない状態のニキビなので
早めに対策することで痕になり難くなります。

 

ですが、改善するには時間が掛かるニキビでもあります。
無理やり取ろうとすると痕に残りやすくなるので注意しましょう。

 

 

炎症によるニキビ

 

赤ニキビ

ニキビ 種類 画像

 

白ニキビの状態から炎症を起こした状態のニキビです。

 

 

ニキビの原因として知られているアクネ菌は、
毛穴の中に溜まった皮脂を分解して遊離脂肪酸を作り出します。

 

この遊離脂肪酸が刺激となり炎症を引き起こしています。

 

この炎症が毛穴を赤く腫れさせたのが赤ニキビです。

 

赤ニキビは悪化し毛穴の壁を壊すほどになると、
痕になりやすいので早めのケアが必要になってきます。

 

 

 

黄ニキビ

 

黄ニキビは化膿ニキビともいわれ、ニキビの最終段階です。
赤ニキビの炎症が悪化し、ニキビの頭に黄色い膿が出てきます。

 

この時毛穴の内部ではアクネ菌がさらに増殖していて、
炎症が悪化したことで毛穴周囲の組織を壊してしまいます。

 

すると炎症の原因になる物質が周囲にも広がり重症化していきます。

 

悪化した黄ニキビは真皮までも傷つけていることが多く、
炎症が治まった後でも凸凹とした痕を残してしまったり、
色素沈着による痕になってしまったりします。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビ 種類 画像

 

思春期ニキビ、大人ニキビという言葉がありますが、
これは出来るニキビの種類が異なるわけではありません。

 

違うのはニキビが出来る原因です。

 

 

思春期ニキビは主に成長ホルモンの影響により
皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

 

大人ニキビは原因が様々で、ストレスやホルモンバランスの乱れ、
肌の乾燥や代謝が乱れることなどがあります。

 

どちらにせよ、きちんとした対策をすることが重要です。